ジョーク→JO-9

2019年10月10日


ある日の出来事である。


ワタクシは、何故かボ〜〜〜っとJACKDANIELSのこの写真を眺めてたんだ。


特に、このボトルが好きなわけではないが、


なんとな〜く、


いい写真とるねぇ。


なんて気持ちで見てたんだ。



そして、ふと思ったんだ。





このNO.7の部分、見飽きたなぁ。。。




だが、


ここまで記憶に残る文字っていうのもすごいなぁ。



とね。




そして、


なんでか分からないが、



これを描いてみたくなったんだ。



かといって、NO.7って描いてある洋服を作る意味は、BEAT.F.P.Gにとって、まるで無い。



ではどうするか?


っていう感じで、頭がグルグルフル回転。




グルグルフル回転は、したもののな〜〜〜んも思いつかず、


もういいや。


ってなった。




でも


その時だった。








このNO.7


もしかしたら、



ジョークになるのでは??


と、思ったのは。





その途中経過が非常にワンダフルに面白かったんだが、


どこを探しても見つからない。




やっぱり、


ワタクシは、


ドキュン


である




ただ一枚だけ残っていたのは、


これだ。


















こうなるまでの7~8回の描き直しが面白かったのに、


「何やってるんだろう?このクソ脳みそ」


である。



兎にも角にも、



NO.7を見て、


何故か、


JO-9

(ジョーク)




変化させた。


これは、個人的発明であり、個人的傑作である。




そんなJO-9を綺麗に描いたら、



ワタクシは、




もう既に、



射精寸前だった。






それがこちらだ。











うん。



ものすごく好き。




好きとか非常に気持ち悪いが、



ものすごく、好き。





だが、






ここからが、


今回のJO-9最大の戦いだった事は、


この時は、


微塵も思っていない。










明日11日、発売時にこの先は続く。





DIRTY JOKE&CO.

https://www.beatfpg.com/