DESIGN①

2017年08月17日

さてさて、昨日から始まりました新ブログ。

ここでは、昨日のブログでも書いた通り、”BEAT.F.P.GのITEMが出来る迄の裏側”を書いていこうと思っています。


まずデザイン。これは、BEAT.F.P.Gにとって1番大事なことであり、他のブランドさん達も軸として考えている事が多いのではないでしょうか?


そんなデザインについて今日はちょっと書かせていただきます。



まずBEAT.F.P.Gが、90%以上の他社とズッポリ違う点。



それは、全てのデザインが手描きで製作しているという面。




今時。。。。パソコン使わないの?と思われる方が多数だと思いますが、


ええ、使いません。



デザインスピード、線の綺麗さ、挙げればきりがないほど、パソコンというものは進化を遂げています。



ですが、進化を遂げているからこそ使わない。






例えば、コップ。


工場で機械によって大量生産されている寸分の狂いもない全く同じコップを①


手作業で、轆轤を回し、職人が一点一点作っている全て形が違うコップを②


とすると、


僕はどうしても②に魅力を感じてしまう。


それはやはり”味”の違い。



精密機械には、表せない手作業ならではの一つ一つの魅力。



それとデザインを”手描き”で行うのは同じ考えで、誰がやっても同じ線ではなく、個人個人違った線になる”手描き”を選択しているのはその為です。



線(ライン)は人間の手で書くと絶対に真っ直ぐではないはずです。



それはどんなプロフェッショナルが描こうが同じ事。



人それぞれのラインがあるのです。



僕はその中でも、”死ぬ気で綺麗に引こうとした線”が一番好き。


どうしても曲がっちゃうけれども、なんとかして綺麗に引こうとした線に魅力を感じます。


ちょっと太くなっちゃったり、ちょっと細くなっちゃったり。



そこに個人の”味”を感じます。





BEAT.F.P.Gは、どんな状況になろうがブランドが無くなるまで、


全てを手描きデザインからおこします。


上記写真は、今描いているデザイン。



一番最初の下書きなので写真で分かる通り、線がガッタガタ。



ここから清書で、”味のある線”にしていくつもりです。




このデザインが何になるかは、それはまた明日のブログで詳しく。



続く。